ディー・クルー・テクノロジーズ

量子FPGA

「量子コンピューティングの世界をもっと身近にしたい」 この思いを胸に、弊社が得意とするシステムソリューション技術をベースに開発中の「Qalmo 」をご紹介します。

量子FPGA 「Qalmo™」とは

量子FPGA「Qalmo」(クアルモ) とは、ディー・クルー・テクノロジーズが開発中の、組み合わせ最適化問題を解く「イジングマシン」とよばれるものの1つです。「Qalmo」は、量子コンピュータの方式の1つ「量子アニーリング」から着想を得た、独自アルゴリズムの「イジングマシン」をPCI Express対応のボード上のFPGAに搭載したものです

この形式にすることで、汎用PCで組み合わせ最適化問題を解けることが特長です。

カスタムプロセッサ技術で「イジングマシン」構築

量子コンピューティングには大きく3つの方式があり、その一つが「イジングマシン」です。組み合わせ最適化問題に用途特化した計算が得意です。量子を扱うため装置が大掛かりになる他方式とは異なり、従来型コンピューターでも安定的に計算ができることが特徴です。 ディー・クルーは、従来型コンピューターを高性能化するシステムソリューション技術を持っています。これを駆使すればパソコンでも複雑な計算を実行できる可能性があることに着目しました。

FPGAのメリット

パソコン上で特定の高速計算を処理するにはFPGAが便利です。FPGAは内部の回路構成を自由に設定変更できる性質があり、柔軟にプログラムできるICのようなものです。汎用性はCPUに譲るものの、特定用途に特化した柔軟な回路が組めるため省電力・低遅延・高速処理に優れ、また専用で起こしたLSIに比べて経済的です。

最適化問題を手軽にとく未来を拓く「Qalmo」

FPGAのメリットに着目したディー・クルーは、PCI Express対応ボード対応のFPGAに独自アルゴリズムを乗せることにしました。汎用PCでも量子コンピューティングのような組み合わせ最適化の計算が可能になる。大規模開発とは別のアプローチをとることは異論があるかもしれません。 しかし今後の性能向上に伴って、エッジコンピューティングでも組み合わせ最適化問題を解く世界が実現できるのではと考えています。

ディー・クルーのシステムソリューション技術を駆使した「Qalmo」は2022年3月完成を目標に現在試作機開発を進めています。組み合わせ最適化問題に関するオンプレミスでの手軽なソリューションをお求めのお客さまにぜひご体感いただきたいと願っています。

「Qalmo」アプリケーション開発ステップ事例
「Qalmo」のくわしいご相談はこちら

組み合わせ最適化問題について

ディー・クルーがシステムソリューション技術で解決するのは、組み合わせ最適化問題だけではありません。 先端コンピューティングの世界から特殊な高速処理、汎用型のIOTシステムソリューションに至るまで、弊社技術で実現するさまざまなの世界をご紹介します。

弊社のコンピューティングソリューション

IoT向け汎用プロセッサ開発
セミカスタムプロセッサ開発
カスタムプロセッサ開発